大昌園

「胡麻」
はじめまして、セントラルキッチン(CK)たれ室室長をしております、密城と申します。
今回は、大昌園の<味の心臓部>と言える、CKを少しご紹介させて頂きます。

CKは上津店に隣接しており、たれ室、精肉部、野菜やキムチ・ナムル・スープを作る部署に分かれています。いつも同じ味、同じクオリティをお客様にご提供できるよう、食材の調理・製造を一手に行い、各店舗に安心で安全な商品を提供しています。

こだわりは新鮮な食材と手作り。


食材は、私達にとっては子供であり、子供を育てる気持ちで食材と向き合っております。
毎日早朝より仕込みを行い、その日のうちに各店舗へ新鮮な商品を配送。
私達は裏方ではありますが、日夜、お客様の「おいしい」「笑顔」の為に、挑戦、研究を繰り返しています。

今日は、沢山ある商品の中で、韓国料理には欠かせない食材の一つである
「ゴマ(胡麻)」を紹介させて頂きます。


ゴマは料理の盛り付けによく使われますが、私達は、最適な調味料と心得ています。
ゴマのもつ本来の味と香り、この「香ばしい味と香り」を引き出すべく、一度に多くを仕込まず、職人さんがひとつ、ひとつ丁寧に、よぶんな「にがみ」や「あく」「油」といったものを取り除き、そして専用の釜でじっくり、じっくり焼き上げます。
外は「カリッ」、中は「フワッ」とキレイな黄金色のゴマに近づけていけば、おいしいゴマの食べごろです。

ゴマは「つぶゴマ」、「すりゴマ」「黒ゴマ」の3種類。
「すりゴマ」は風味が落ちぬよう、毎日つきたてをお出ししております。
各店舗にて風味豊かな自家焙煎の胡麻を販売しておりますので
是非ご家庭でもゴマ本来の味をお楽しみくだい。


16/Mar.2016 [Wed] 16:23

記事のバックナンバーは、下記カレンダーをクリックしてください。(赤文字日程が記事を掲載しております。)
Jun/2017  Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next