大昌園

〜感謝〜
秋色いよいよ濃く、夜長のころとなりました。街はハロウィン一色で大人も子供のどこかワクワクしてしまう今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
大昌園でも好評いただいております秋の期間限定スイーツ「かぼちゃのパルフェ」「マロンアイスクリーム」「安納芋アイスクリーム」などがお楽しみいただけます。

お久しぶりです、文化街店の梶原です。この度、約3年勤務しておりました小郡津古店を離れ、約20年ぶりの文化街店に戻って参りました。
これからも大昌園の魅力を一人でも多くのお客様にお届けできるよう、日々の営業に取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願い致します。
そして小郡津古店にご来店いただいておりますお客様、これからも変わらぬご愛顧の程、お願い申し上げます。

この度、私共大昌園はおかげさまで創業50周年を迎えることができました。先日、久留米を代表する創業137年の老舗ホテル「萃香園ホテル」様を会場としまして、記念祝賀会を開催させて頂きました。
いつもお世話になっております関連業者様、弊社代表が副会長を務めます全国焼肉協会の方々のみをご招待させていただきました。そして我々スタッフと家族にも(いつも支えてくれている)感謝の気持ちを伝えたいということで家族までも出席させていただき、総勢442名の盛大な祝賀会となりました。

司会はなんと“今日感テレビ”や“めんたいワイド”でお馴染みの「藤本一精」様。弊社代表の挨拶に始まり、ご祝辞、鏡開きなど、賑やかでアットホームな雰囲気の中、さすがプロ‼素晴らしい進行と笑いで会場の心をギュッとつかみ取り、式は順調に進んでいきました。その後久留米出身のジャズシンガーの西田麻美(にしだ まみ)様によるバンドでの生演奏や佐賀出身の書道家、山口芳水(やまぐち ほうすい)様による書と映像と音楽を融合させた圧巻のパフォーマンスなどで、会場のボルテージは最高潮に!!


そして式の終盤では弊社代表からお母様(ママさん)に感謝の言葉と花束贈呈のサプライズ演出があり、会場全体が心温まる雰囲気となり涙する方もいらっしゃいました。こうして祝賀会は無事に終わり、私はたくさんの事を学び感じました。

人と人のつながりの大切さやありがたさ、そして感謝の気持ちをいつまでも忘れない事・・・。私はこんなたくさんの方々にご支援いただき、愛されている会社の一員である事を心から誇りに思います。

そして自分の子供達にも胸を張って自慢できるそんな会社です。焼肉の大昌園はさらに飛躍し、100年企業を目指し、今期スローガン「大昌園に関わる全ての人に元気と笑顔を!!」を掲げ、本日ご来店いただいたお客様一人一人に幸ある空間での「焼肉」を約束します!
24/Oct.2019 [Thu] 12:44
文化街店からのお知らせ : comments (x) : trackback (x)
リニューアル!!
夏の暑さも和らぎ、やっと秋らしくなってきましたね。
お久しぶりです。中島です。
以前は文化街店の店長として営業させて頂いておりましたが、9月より佐賀兵庫店の店長として今までの経験を活かし、常に最高のおもてなしと料理をご提供できるよう、スタッフ一丸となって頑張ってまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。

早速ですが以前よりご好評いただいております、大昌園 特製弁当がリニューアルいたしましたのでご紹介させていただきます。


・ピビンバ&焼肉弁当 1,100円+税

厳選された牛バラ肉を秘伝のタレで柔らかく焼き上げた焼肉弁当と、5種類のナムルを味わえるピビンバの2種類が味わえる最高のお弁当です。


・カルビと南州ポークの焼肉重 1,250円+税

不動の一番人気のカルビと風味の良い旨みたっぷりの南州ポークを丁寧に焼き上げ、ナムルや
きんぴら等の野菜バランスが良いお弁当です。


・カルビと希少部位クリミの焼肉重 1,650円+税

上品な和牛の旨味を堪能できる希少部位「クリミ」とジューシーなカルビが味わえる、とても贅沢なお弁当です。

この他にも大昌園の味が楽しめるお弁当をご用意しております。
ご希望の際は各店舗にパンフレットをご用意しておりますので、お気軽にスタッフにお尋ね下さい。
尚、ご注文は3日前迄のご予約、5個以上より承っております
大昌園各店舗でのお渡しとなり、配達は承っておりませんのでご了承下さいませ
10/Oct.2019 [Thu] 12:13
佐賀兵庫店からのお知らせ : comments (x) : trackback (x)

記事のバックナンバーは、下記カレンダーをクリックしてください。(赤文字日程が記事を掲載しております。)
Oct/2019  Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next